75E1D981-395D-4BE8-BC9F-2ACD49D10D2B.jpeg

笑うほどに

作詞・作曲・歌 HAL

笑うほどに 許しあえる

愛しあえる ららら

笑ってみて

 

口笛吹いて歩いて行こう

かみしめた口元ゆるませてさ

お手上げ

時にはそれもいいよ

手のひら

天にかざせばココロがゆるむから

誰もがそう

正しさにとらわれ

そんな妄想で

キズつけあって生きてる

 

正しさの名の下に

誤りを正そうとするたび

押しつけられた

違うココロがキズつき

空回り

 

ココロの中

わかりうあうことよりも

正しさでいっぱい

 

だから人生から

苦しみが無くならないのかな

笑うほどに 手をとりあえる

許しあえる ららら

笑ってみて

おとぎ話にでてくるキリギリスはね

夏が終わると

星になり消える生きもの

 

だから今を

夏を楽しむことは

とても

ステキな生き方じゃないのかい

 

先のことばかり

心配するうちに

心配することで

ココロ痛めていないかい

 

過ぎたことや 先のことで

アタマ悩ましていないかい

 

心配して

問題が解決するばかりじゃない

 

なぜだろう?

ダイスキなみんなと生きているのに

ココロから乾いた涙が

あふれているのはなぜ?

 

笑うほどに 許しあえる

わかりあえる ららら

笑ってみて

 

 

笑いたいけど 笑えないよ

どうしよう

生きていれば

そんな時もあるよね

 

ホントの笑顔

それは楽しい時に生まれる

だから自分を喜ばす生き方していいんだよ

 

笑顔になれること

やっていいんだよ

せつなくなること

やらなくていいんだよ

 

楽しもう

イヤなことはそこそこにしておいて

つらいことや悲しいことは

笑い飛ばしちゃおう

 

笑顔は 全てを味方にしてくれる

目に見えるもの 見えないもの

全て

 

 

生きるって 笑顔を重ねただけ

輝いていくもの

 

笑顔は全てを変えること出来る

この星で笑うほど幸せになれるよ

 

笑うほどに 許しあえる

愛しあえる ららら

笑ってみて